北海道・洞爺湖のガラス工房と喫茶"glass cafe gla_gla"高臣大介のグダグダな日々と作品紹介など


by gla_gla

プロフィールを見る
画像一覧

information

★★★スタッフ募集中★★★



5.17 → 5.22 玉川高島屋 5階 器百選

6.3 → 6.4 にわのわ
@千葉・佐倉城址公園

6.28 → 7.4 神戸大丸 7階 メゾンプリュス

8.2 → 8.8 札幌大丸


gla_gla HP
instagram
TWITTER

カテゴリ

全体
ごあいさつ
展覧会とか
作品
gla_gla
青葉とgla_gla
月浦ワイルドガーデン
about 俺
道具
洞爺湖
チャンピックス
携帯から
その他

記事ランキング

タグ

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

Powered by 複眼RSS

最新のコメント

来てくれたんだ~! あ..
by kakiten at 12:24
> kakitenさん ..
by gla_gla at 13:34
うん、良いね・・・! ..
by kakiten at 13:19
>ことり 内容は全然覚..
by gla_gla at 13:44
へー、観たことないや『恋..
by ことり at 16:37
>鍵 そうなんだ!..
by gla_gla at 23:08
>身' あら?もしかし..
by gla_gla at 10:03
見つかって良かったですね..
by 身' at 11:04
>ことり バカにしてた..
by gla_gla at 12:01
すごくどうでもいいんです..
by ことり at 12:56

ブログジャンル

アート・デザイン
北海道

窯の中その2。(こっちからにすれば良かった)

あ!すごい!やっぱT山亭M麻呂さんて天才かも〜ポジティブライフ推進委員会へ!
ささやかな日常の中には大切な事が多いよ!って感じでとっても良かったです。

俺はいろいろな事をあんまり考えないでやってしまう「やってみなきゃ分かんね〜だろ!」派なので「ポジティブ」と言うよりは「バカ」の方。
「思い立ったが吉日」でやってしまう事が多いので、たまにやらかしたりしてしまいます。

昨日のブログもそう。
今日改めて自分のブログを読み返してみていきなり窯の中見せちゃったけど「こんなんで分かるのかな〜?」と思い、今日はどうやって昨日のようになったかをお伝えします。
昨日読んでいない人には、ちょうどいいかも!


これがガラスを熔かす窯です。f0045630_18155.jpg
普段はこの真ん中の丸い所からガラスを巻き取って作業します。
だいたいの事はここに書いてありますのでご参照を。

この中に入っているバケツを取り替える作業をしました。

この窯はちょうど1年くらい前に近所の築炉屋さん「小杉築炉・冨澤氏」に作ってもらいました!

この築炉屋さん、普段は火葬場などを作っている所でガラスの窯なんて作った事はないのですが、火葬炉の温度はMAX1,400℃、ガラスの窯もMAX1,400℃って事で作れるんじゃないかな〜と思って、ちょっと面白そうなので頼んでみました。

基本的な築炉の知識がバッチリな冨澤さんとガラスの窯の事ならだいたい分かる俺との打ち合わせなので大変!

この「だいたい分かる」ってのが曲者。
みんながこーやってるから、なんとなくこーなんです。みたいな事を言うと「それは無駄!全然意味なし!」とか手厳しい分、お勉強になりました。

冨澤さんは「こんなのどうだ?」とか「やっぱカッコ良くなきゃな!」とか色々アイデアをくれて完成に至るのですが、どうしても手伝わせてくれないんです。
やはりプロの現場では、素人の俺なんて足手まといのようでした。

そんなこんなでお互い譲れる所と譲れない所を摺り合わせて行った結果がこの窯なのです!!!

サンキュ〜冨澤さん!この場を借りてお礼致します。
f0045630_18505652.jpgそして、手前の銀色のフタを外した所がこの写真。
ほぼレンガで構成されているんですが、白い部分は耐火セメントで作ってあって、取り外し可能になっています。
セメントのパーツを取り外して中のバケツを取り替えてやるのです。

パーツは全部で6つ。
一つずつがあまり重くならないように設計されています。
が、ちょっと設計ミスもあって一番下の二つはとれなくなってしまいました!
まー別に大した事ではないので、「ま、いっか!」って感じ。


f0045630_1985794.jpg取り外したパーツ達。
一番手前に3つ白く細長いのが見えると思いますが、これが全面を覆っていた銀色のフタの裏側。
裏側にはこんな感じで綿が貼ってあります。

で奥に写っている桶のような物が、ガラスを熔かすバケツ。

お!これでやっと昨日に繋がったかも!
これを読んで、もう一度昨日のを読むと更に理解が深まると思いますので、お時間ございましたらぜひ昨日のも読んでみて下さい。

ホント思いつきで載せちゃってゴメンナサイ!
これからも読んでいて「ん???よく分かんないんだけど....」てのがあれば、どしどしコメントくださいね!

昨日のを読む前にワンクリックを!→人気blogランキングへ
by gla_gla | 2006-03-06 19:23 | gla_gla | Comments(6)
Commented by coeurdefleur at 2006-03-06 20:14
とてもよく分かりました。
ガラスの窯なんて知りませんから今日のエントリーから
昨日のへ読み進むと、「あ~こんなになってるのか!」って^^
沖縄に行った時に吹きガラスの工房なども見学したのですが
こんなところまで見ていませんもの。
バケツを取り替えるというのも初耳で面白かったです。
Commented by gla_gla at 2006-03-06 20:40
>coeurdefleur
やっぱり!
昨日、今日って順番に並んでるからちょうど良かったでしょ?(笑
gla_glaの窯はバケツを使っていますが、たこ壷の様な形をした物とか猫が座ったような形をしたものとか色々あります。
でも、どんな形でも定期的に取り替えなくちゃいけない事には変わりはないんだけど。

その工房工房で色々な形をしているので、あんまりないとはおもうんだけど見るチャンスがあればgla_glaのと比べてみて下さいね!
Commented by T山亭M麻呂 at 2006-03-07 00:43 x
ご紹介いただきあろがとーございます!
ささやかな日常を大袈裟に生きるバカポジで~す♪
初めてこのブログを見た瞬間、
同じ香ばしさを嗅ぎ取ってしまいついコメントを書いてしまったのを覚えています・・・。

知らない世界の話は面白いですね!
どこの窯も注文なんでしょうか?
サブちゃんのサインも「あー、あそこにあっのか♪」って確認できました。
端っこかと思ったらかなり目立つとこですね(>_<)

Commented by gla_gla at 2006-03-07 09:45
>T山亭M麻呂
ホントは初のトラックバックに挑戦したんだけど失敗.......
なのでリンクにしました。
俺も何度M麻呂さんのとこに書き込もうと思った事か。
でも会員になるのはめんど臭くて断念。

ガラスの作家の方達は、ほぼ自作です。
俺も前の窯は自作でしたが、燃やしてしまったってのとちょっと面白そうだったってので頼んでみました!
サインはやはり目につく所にないとダメっすよね!
Commented by T山亭M麻呂 at 2006-03-08 22:57 x
|ー゚)。。。コンバンハ
MSNのID持ってないと知り書きたい放題ネタにしてしまいました・・・。
どーもごめんなたい!!
Commented by gla_gla at 2006-03-09 02:51
>T山亭M麻呂
かなり楽しませてもらいました!
しかも何故「獅子」ってばれた?って感じ!
かなりボンバってる俺は昔から一部の方に「ライオン丸」とか「研究に失敗した博士」とか呼ばれておりました。

これからも楽しみにしてるので、ガンガンネタにしちゃって下さい!
サンキュ〜!!!