ブログトップ

glass cafe gla_glaのグダグダな日々。

北海道・洞爺湖のガラス工房と喫茶"glass cafe gla_gla"高臣大介のグダグダな日々と作品紹介など


by gla_gla
プロフィールを見る
画像一覧

あるご婦人。

トコトコと近づいてきたご婦人が、
名入れとはどう言う感じになるのですか?
と尋ねてくる。

俺はいつもの通り説明をする。

続いてご婦人は尋ねてくる。
名前だけしか入れられないのでしょうか?

メッセージなども入れられますよ。
あまり長くなければ。
俺は答える。

するとご婦人は詩を口ずさむ。

私の耳は 貝の殻
海の響きを懐かしむ
f0045630_10123119.jpg

ジャン・コクトーだったかしら?
ずっとずっと前から好きな詩なんです。
もうホントに前のことだから、コクトーだったかどうかも覚えていないんだけど、この詩だけはずっとずっと心に残ってるんです。
どうしてもあなたの花器にいれて欲しくて、お手すきになるのを待っていたんです。

分かりました。
ちょっと長いので今すぐは出来ませんが、お時間を頂けるなら彫ります。

そう伝えるとご婦人は嬉しそうに帰って行った。

人気ブログランキングへ
Commented by テンポラリー at 2011-07-30 13:45 x
かっちょ、いいー!
さすが京都とでも言おうか知らん。
お手すきになるのを待って・・というのも奥床しいね。
暑さが跳ぶぜ!
頑張れ!
Commented by たくちゃん at 2011-07-31 03:28 x
いいね!
好きだな、そういうの…。
分かるよね、その気持。
手間は掛かるだろうけど、ちゃんと入れてあげてよ。
Commented by gla_gla at 2011-08-04 10:51
>テンポラリー

このご婦人、声もとっても良くて朗読とかしてそうな感じでした。
Commented by gla_gla at 2011-08-04 10:53
>たくちゃん

気に入っていただけたのか、その後もいくつかの詩を入れて差し上げました。
by gla_gla | 2011-07-30 09:23 | 展覧会とか | Comments(4)