ブログトップ

glass cafe gla_glaのグダグダな日々。

北海道・洞爺湖のガラス工房と喫茶"glass cafe gla_gla"高臣大介のグダグダな日々と作品紹介など


by gla_gla
プロフィールを見る
画像一覧

森に棲むものたちの器。その2

森に棲むものたちは、どこの森にいるものたちかな?
とふと考えて浮かぶのは、gla_glaの近くにある月浦森林公園。

月浦森林公園は、森に簡単な道をつけただけの公園。
公園という名前が付いているけど、森に簡単な道をつけただけだから、小さな探検に適している。

子供を連れて、小さな探検に出たいのであれば、月浦森林公園へお出かけください。
思っているよりも森なので、その覚悟で小さな探検に出かけてください。

話が逸れた。
f0045630_07265234.jpg
森に棲むものたちは、どんな器を使っているのだろう?

その前に器ってなんなのだろう??


何かをいれる物が器なのだったら、
人の都合のいい形になっているから、そのほとんどは不自然な形だ。

人間工学的なデザインは、自然な形ではない。

たまに木の実を器にしてとかもあるけど、
半分に割ってとかで使っているのだから、自然の形を活かしてはいるけど、自然な形ともやはり違う。
f0045630_08045138.jpg
そんなことを考えながら、2種類作ってみた。

もう少し分かり易く置けばよかったのだけど、両端の2つと真ん中の2つではビミョーに違う。
f0045630_07265691.jpg
真ん中の2つは、先端がツルっとするように作った。
f0045630_07265802.jpg
丸くなってるでしょ?
f0045630_07265362.jpg
両端の2つは、写真左側の先端の部分が切れた感じになっている。
f0045630_07265587.jpg
わかるかな??


不自然な要素を盛り込むのであれば、先端が切れた感じの方が器に近いのかな?
ツルっとしている方が、自然な丸みに見える。
f0045630_07265958.jpg
だけど実は、
ツルっとしている方は、ツルっとするように加工している。

そんなことをとめどなく考えながら作った。


森に棲むものたちが、
器にどんな定義を持っているかわからないから答えは出ないのだけど。


とりあえずミュージアムに送ってみよう。



本日もワンクリックをお願いします。→人気ブログランキング



7/26→8/2 京都大丸

by gla_gla | 2016-06-01 10:10 | 作品 | Comments(0)