ブログトップ

glass cafe gla_glaのグダグダな日々。

北海道・洞爺湖のガラス工房と喫茶"glass cafe gla_gla"高臣大介のグダグダな日々と作品紹介など


by gla_gla
プロフィールを見る
画像一覧

2016.8.9→8.14LIFE GOES ON@札幌 TEMPORARY SPACE「撓む指は羽 ムラギシ10年」展

gla_gla FES無事終了しました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。

そして、出店者の皆様、演奏してくれた皆様、本当にありがとうございます。

正直、ちょっと暑すぎなので、次回は開催日程を含め、いろいろと考えなくてはいけない課題がたくさんですが、ぜひまたよろしくお願いします!


グラフェスの時に酒井博史がふと
「あのームラギシの展覧会の件なんですけど.......」
と囁きかける。

あー!あれ、いつだっけ??

「9日から始まるんですけど、会期が始まってからでも搬入は大丈夫なので」
と言う。

会期が始まってからでも搬入がオッケーなら、会期長いのかな?と思って聞いてみる。

「14日までです。」

おい!一週間かよ!!


ということで初日になってしまいましたが、搬入してきました。
f0045630_08203563.jpg
たくさんの方とご一緒するので、どこにどう飾るのかは分からなかったけど、2つのパターンを頭の中で用意していた。

テンポラリースペースについて中森さんにどこに飾ったら良いか尋ねると、
(もしかしたら俺だけしか呼んでいないのかもしれないけど)お弔いコーナーだった。

お弔いコーナーには、いろいろとお弔いな感じのものが飾られているところで、
(もしかしたら俺だけしか呼んでいないからこそ)ピッタリな場所だなと思った。

展示はBパターンにすることにした。
f0045630_08470036.jpg
用意していたヒートンが短くて天井に刺さらず、どうしたものかと思ったけれど、長年培ったノウハウで釘でも吊るせるのではないかな?と思い、テンポラリースペースにたくさんあった釘を使わせてもらうことにした。

少し錆びている釘はかっこいいのだけど、展示の雰囲気に合わなかったので、壁を塗る用のペンキで白く着色。
f0045630_08510624.jpg
お弔いコーナー担当(?)の花人 村上仁美さんも来ていたので、いつも並んでいるお弔い品を並べてもらった........

ムラギシの本、邪魔じゃないかな??
と村上さんと中森さんに相談すると、どけてもいいと言うことなので、遠慮なくどけた。
f0045630_08532331.jpg
テンポラリースペースの中と外の間のこの場所は、どちらの明かりとも仲良くしている。
f0045630_08552554.jpg
光の間で揺れるガラスはとても綺麗だな。
f0045630_08560887.jpg
俺は観ることができなかったけど、ムラギシがテンポラリースペースでやった展覧会のタイトルは「木は水を運んでいる」

シャイな青年だった。
物静かで時より見せる笑顔がとても可愛らしい。
酒飲んでも楽しい話をする方ではない。
いつもポロポロとギターを爪弾いていた。
女によくもてた。

俺が知っているのはそれくらい。

あれから10年。
みんないろいろな思いを背負いながら生き続けている。
f0045630_09171152.jpg
ヒロシも10年でだいぶ変わった。
中森さんも10年でだいぶ変わった。
俺も10年でだいぶ変わった。

たくさんの月日を重ね、
ぐっすり眠れる夜やなかなか眠れない夜を過ごし、
そしてまた今日が始まる。

これからも重ね続け、変わり続けていく。
本日もワンクリックをお願いします。→人気ブログランキング


2016.8/9→8/14 11:00-19:00
撓む指は羽根 ムラギシ10年

10日(水)午後3時から午後6時まで
12日(金)午後6時まで
14日(日)午後5時~ライブ・有山睦、酒井博史、山田航ほか


8月下旬 札幌 YUIQ

by gla_gla | 2016-08-11 09:55 | 展覧会とか | Comments(0)