ブログトップ

glass cafe gla_glaのグダグダな日々。

北海道・洞爺湖のガラス工房と喫茶"glass cafe gla_gla"高臣大介のグダグダな日々と作品紹介など


by gla_gla
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

うまくいかない日々。

f0045630_22151345.jpg
もう注文を受けてから一年くらい経ってしまっているのにも関わらず、辛抱強く待ち続けてくれている札幌の裏参道にあるレストラン SIO
の佐藤陽介シェフ。
いくらなんでもそろそろやばいよな。ということで作り始めると、思いの外スイスイスイ〜〜って感じで作れていく。

おうおう!なんだか余裕だな〜と思っていたのも束の間、どうしても最後の一枚がうまくいかない。

ありゃ?ちょっと待てよ。なんて考えると、余計にうまくいかず、何度も失敗する......
多分、今日ようやく出来たっぽいけど、明日にならないとちょっとわかんないね。
f0045630_22151489.jpg
これは、夏雨の直径35センチくらいのお皿のようなもの。

佐藤陽介シェフは、大まかな感じを伝えてくれて、
皿とかどうとか考えなくていいんで、とにかく好きなものを作ってください!
それをどうやって使うかどうかは僕たちの仕事なんで!
と言ってくれる。

なんとも嬉しい注文。
なんだけどなんだけど、そうなると余計に考えてしまう。
テキトーにぷっぷーと吹けばいいのにね。
f0045630_22151502.jpg
どうして皿のようなものかと言うと、底がないグラグラとしているものだからなんです。
これは佐藤陽介シェフの指示。

底がなくていい。って言うのが。

料理の素人は深くかんがえないことにしよう。
f0045630_22375104.jpg
それから、流れる漂う。
これは最初に作った時から、佐藤陽介シェフに使ってほしかったもの。
出来上がった瞬間にシェフの顔が浮かんだ。
f0045630_22375176.jpg
反対にしても使えます。

以前、ある料理雑誌から器を貸してほしいと言われて、流れる漂う。も含めて送ったんだけど、使ってもらえなかったもの。
でも、いいんです。
レストラン SIOで使っていただけるんで!

うまくいかないのは、これらではない別のもの。
大きなのがたくさんレストラン SIOに行くので、SIOファンはお楽しみに!
f0045630_22452290.jpg
どうしてうまくいかないのかはわかる。

な〜んにも考えずに吹いていてうまく言っていたのに、余計なことを考えるからだ。
もう少し上手に作ろうとか、出来ているのだから頭でわかってるとか、余計なことを考えるからだ。

でも、もう考え始めてしまったから、考えないようにすることはできない。

俺は俺が思っているほど賢くないのにね。

俺の中の理論のどこが合っていて、どこが間違っているか。
染み付いている技術と理論のせめぎあい。

このバランスがうまく行ったら、もう一つ上の技術が手に入れられそうじゃない?
そうしたらまた、考えずに作る技術の幅が広がっていく。

レベルアップして行こうぜーー!


本日もワンクリックをお願いします。→人気ブログランキング



年末年始休まず営業(吹きガラス体験休み12/30→1/3)



by gla_gla | 2018-11-29 23:02 | about 俺 | Comments(0)